パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 21日 懸賞

 パロマ工業製ガス湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、東京都港区の大学生、上嶋浩幸さん=当時(18)=らを死傷させたとして、業務上過失致死傷罪に問われた同社元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(59)の公判が18日、東京地裁(半田靖史裁判長)で開かれた。弁護側は「事故が起きることは予見できなかった」などと改めて無罪を主張し結審した。判決は5月11日。

 検察側は小林被告に禁固2年、鎌塚被告に禁固1年6月を求刑している。

 起訴状によると、小林被告らは昭和60年〜平成13年までに同社製品の不正改造による中毒事故が相次いだのを把握しながら対策を怠ったため、17年11月、自宅マンションで同社製湯沸かし器を使用した上嶋さんをCO中毒死させ、兄に重傷を負わせたとされる。

【関連記事】
パロマ元社長に禁固2年求刑 CO中毒死公判
パロマ社長が遺族と面会 湯沸かし器事故の発覚から3年
パロマガス事故 同族の悪弊、遺族が風穴
【イチから分かる】消費者庁 トラブル解決の「司令塔」
消費者庁誕生へ トラブル解決の“司令塔”

「年下嫌いだった」大学3年、弟の殺人未遂容疑(読売新聞)
ターミナルレーダーに障害=発着便に影響−羽田空港(時事通信)
阪神大震災 犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
[PR]

# by 5icvrmwocb | 2010-01-21 17:39

「裏献金」翌営業日に入金=同額を小沢氏団体口座へ−石川容疑者、土地購入に使用(時事通信)

懸賞 2010年 01月 21日 懸賞

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、同会事務担当者だった衆院議員石川知裕容疑者(36)が、水谷建設(三重県桑名市)元幹部が小沢氏側に現金5000万円を渡したとされる日の後、週末を挟んだ銀行の翌営業日に陸山会の口座に同額を入金していたことが16日、関係者の話で分かった。
 石川容疑者はこの入金分を含む4億円を土地購入代金に充てていた。東京地検特捜部はこうした状況から、水谷建設の裏献金が土地購入に充てられた疑いが強いとみて、石川容疑者の取り調べを進める。
 関係者によると、水谷建設元幹部は昨年の特捜部の事情聴取に対し、2004年10月と05年4月に、小沢氏側に各5000万円、計1億円の現金を渡したと供述したとされる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

首相ヒマ? 丸善で本買い漁る 計28冊5万287円也(産経新聞)
カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉・行田(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
皇居の自然観察会=5月と9月に−宮内庁(時事通信)
地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)
[PR]

# by 5icvrmwocb | 2010-01-21 00:00

【中医協】院内がん登録など充実へ「評価」を検討(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 01月 19日 懸賞

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)が1月15日の総会で取りまとめた来年度の「診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」では、がん医療の推進について、がん診療連携拠点病院での院内がん登録のさらなる充実などに向け、「一層の評価を行うことを検討する」としている。こうした方向性に委員らから異論はなく、今後、議論を進めることになった。評価の方法について厚生労働省では、「がん診療連携拠点病院加算」を見直すことでの対応をイメージしているという。

 中医協がこの日に取りまとめた骨子では、がん医療について、「がん診療連携拠点病院におけるキャンサーボードの開催、院内がん登録の更なる充実も含めて、一層の評価を行うことを検討する」としている。

 意見交換では、支払側の小林剛委員(全国健康保険協会理事長)が、がん対策への国民の関心は高く、がんは克服が急がれる分野だと指摘し、「評価していくべきだろう」との考えを示した。ただ、白川修二委員(健康保険組合連合会常務理事)は、骨子について「文章はこれでよい」と述べる一方、キャンサーボードの効果や院内がん登録を推進する上での課題については「私どもはよく理解していない」とし、資料の提出を求めた。
 厚労省側は「院内がん登録も、おそらくキャンサーボードについても、効果については論文も含めた評価がなされていると思う」と説明、今後、資料を提出するとした。

 骨子ではこのほか、がん医療の推進について、がん診療連携拠点病院を中心とした地域の医療機関の連携により、がん患者が身近な環境で質の高い医療を受けられる体制の評価や、がんの疾患特性に配慮したリハビリテーション料の新設などを行う方針を盛り込んだ。
 また、▽外来化学療法加算の評価の引き上げ▽質を担保した上で、老人保健施設入所者に対する抗悪性腫瘍剤の注射の算定を可能にする▽放射線治療病室のさらなる評価-などの方向性も打ち出している。

【キャンサーボード】
 手術、放射線療法および化学療法に携わる専門的な知識および技能を有する医師、その他の専門を異にする医師などによるがん患者の症状、状態および治療方針などを意見交換・共有・検討・確認などするためのカンファレンス(厚労省ホームページの「がん診療連携拠点病院の整備について」より)


【関連記事】
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相
抗がん剤「包括評価対象外」か否か検討継続
【中医協】がん対策、評価充実の方向で一致
【中医協】老健入所者への抗がん剤注射に反対意見なし
がん対策は診療報酬でも評価を−対策推進協が厚労相に提案へ

羽田管制トラブル復旧 日航は15便引き返し・欠航、3千人影響(産経新聞)
産廃会社役員ら贈賄容疑、市長に現金入り祝儀袋(読売新聞)
ハイチ地震、政府が500万ドル無償資金協力へ(読売新聞)
<生物多様性年>「森は心のふるさと」C・W・ニコル氏講演(毎日新聞)
<新型インフル>「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認(毎日新聞)
[PR]

# by 5icvrmwocb | 2010-01-19 14:53