<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

梅雨まだぁ?農家やきもき、ビアガーデン笑顔 きょう「入梅」(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 16日 懸賞

 11日は、この日を境に梅雨入りするとされる「入梅」。だが今年は、沖縄、奄美地方以外はまだ梅雨入りしていない。近畿地方でも平年(6日)より遅れ、10日には京都市で最高気温が32.5度となるなど、各地で夏を思わせる日差しが照りつける。遅れる梅雨入りで、ビアガーデンなどは好調な半面、除湿機などの季節商品は出足が鈍り、田植えを迎えた農家も雨を待ち焦がれている。

 ■夏物家電も不調…高気圧が停滞、雨は今週末から

 大阪管区気象台によると、近畿地方の昨年の梅雨入りは平年よりやや早い6月3日。過去30年で、最も遅かったのは昭和61年の6月16日で、最も早かったのは平成3年の5月26日だった。しかし、今年は日本列島の北に高気圧が強く張り出した影響で、梅雨前線は6月に入っても南の太平洋上に停滞したまま。このため、5月6日に梅雨入りした沖縄、奄美地方を除き、各地で梅雨入りが遅れている。

 これに笑顔なのがビアガーデンだ。大阪市の阪神百貨店梅田本店の屋上ビアガーデンは、売り上げが昨年同期比3割増で、担当者は「やっぱり雨が降らないのが大きい」。このほか同店では、帽子や日傘といった紫外線対策の商品も昨年の2倍の売り上げだという。

 「入梅」は、梅の実が熟する時期とも言われ、日本一の梅の生産量を誇る和歌山県みなべ町は、今が収穫のピーク。同町うめ21研究センターの平喜之さん(40)は「5月ごろに雨が多かったため、収穫量は3割ほど減りそう」というが、「今年は晴天続きで収穫作業もはかどる」。

 一方、例年5月ごろから伸び始めるエアコンや除湿機、冷蔵庫といった夏物家電の売り上げは鈍い。「電機屋泣かせの天候のせいですわ」と話すのは上新電機(大阪市)の担当者。「じめじめした梅雨と暑い夏が待ち遠しい」と梅雨入りに期待をかける。

 田植えが本格化し、これから水を必要とする農家も、今後の空模様を気にしている。兵庫県内で稲作や畑作が盛んなたつの市の農林水産課職員は「他の農作物には大きな影響は出ていないが、稲作はこれから水が豊富にいる時期。適度な雨がほしい」。

 「あじさい寺」として知られる奈良県大和郡山市の矢田寺ではアジサイが5、6分咲き。梅雨の遅れと咲き具合に関連はないが、同寺大門坊の前川真澄住職(66)は「やっぱり雨にぬれたアジサイが風情があるでしょう」と語る。

 では、関係者をやきもきさせる梅雨入りはいつごろになるのか。大阪管区気象台によると、今後は高気圧が弱まって梅雨前線が北上し、今週末あたりから雨が続くと予想されており、梅雨入りは週明けごろになりそうだという。

【関連記事】
梅雨快適グッズ「普段着」感覚 水はじく絹・部屋干し洗剤… 続々登場
梅雨前掃除 風通しよくしてカビ防止 洗剤の使い方に注意と工夫
梅雨でも快適 おしゃれ雨具 機能性・デザイン、さらに進化
高島屋東京店、初の屋上ビアガーデン 26日オープン
ビアガーデンがオープン 宇都宮グランドホテル 栃木
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

【論説委員の取材ノート】高畑昭男 長官がくれた?スクープ(産経新聞)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
「ファシズム」など批判的投稿 県教委の賠償、減額が確定 最高裁(産経新聞)
<ウアルカイシ容疑者>東京地検が不起訴方針(毎日新聞)
「西南戦争の砲弾」実は旧軍の不発弾で閉鎖騒ぎ(読売新聞)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-06-16 15:06

「酪酸はオーガニック。一切害はない」…傷害を否認 SS元船長第3回公判(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 07日 懸賞

【法廷ライブ SS元船長第3回公判】(2)

 《環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」抗議船の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)に対する弁護人の質問が続いている。公判が開かれている東京地裁の敷地外では、市民団体がSSへの抗議活動を行っているため、法廷も厳戒態勢だ。大勢の職員や警備員が入り口を固め、人の出入りを厳しくチェックしている》

 弁護人「あなたは、第2昭南丸のどの位置を狙って酪酸を発射したのですか」

 《ベスーン被告が、右側の台に乗せられた写真を指さして説明した。大きな指が法廷のモニターに映し出される》

 弁護人「そこは、ブリッジの壁のところで、文字が書いてある下のあたりですか」

 被告「イエス(はい)。もう少し左寄りだったかもしれません」

 弁護人「狙った位置は、よく見えていましたか」

 被告「はい」

 《女性通訳を交えて、ベスーン被告は短く答えていく》

 弁護人「写真に丸を記した部分が、あなたが狙った場所ですね」

 被告「はい」

 弁護人「どうして、その場所を狙ったのですか」

 被告「船尾の方には乗組員が数人いましたが、彼らはヘルメットをかぶっていませんでした。狙ったところは、人がいたことは間違いないが、隠れていて姿が見えなかったので、そのあたりを狙ったのです」

 弁護人「当たらなかった瓶を含め、すべて同じ位置を狙ったのですか」

 被告「そうです」

 弁護人「あなたは、船に当たった瓶が割れて、破片が人を傷つける危険性があると思わなかったのですか」

 被告「そのようなことは、まず起こらないと思っていました」

 弁護人「どうしてそう思ったのですか」

 被告「クルーが隠れていたから。別の場所にいたクルーもかなり離れていたからです」

 弁護人「瓶が割れた場合、酪酸の飛沫(ひまつ)はどれくらい飛ぶと予想していましたか」

 被告「数メートルです」

 弁護人「瓶が割れたら、酪酸はどのような状態で広がると考えていましたか」

 被告「ほとんど表面に残る程度で、遠くまで届くとは思っていませんでした」

 《ベスーン被告は、法廷中央の証言台に、いすの下で足先を組み、水色のスリッパのつま先を床につけて座っている。落ち着かないのか、足先は貧乏ゆすりのような細かい動きを繰り返している》

 弁護人「壁に当たってバウンドして、海側に跳ね返ると思ったのですか」

 被告「ほとんどの液体は、当たった表面に残ります。それ以外の液体は床に流れて落ちる。ただ、多少の飛沫は海上まで届いたかもしれません」

 弁護人「酪酸の粘性は、水と同じくらいサラサラなのですか」

 被告「いいえ。水よりも粘度が高いです」

 弁護人「あなたが酪酸を発射したとき、○○さん(ケガを負った第2昭南丸の乗組員、法廷では実名)が立っていたと証言している位置まで、飛沫が届く可能性を考えましたか」

 被告「彼の姿は見えなかったので、そのようなことは思いませんでした」

 弁護人「狙ったという位置から、酪酸の飛沫が(第2昭南丸の乗組員に)届く可能性を、どう判断していましたか」

 被告「そのようなことは、ほとんど考えませんでした。ほんの少量は、はねることがあったかもしれません」

 弁護人「Aさん(第2昭南丸の乗組員、法廷では実名)の位置まで届くと思っていましたか」

 被告「いいえ。まずあり得ないと思います」

 弁護人「酪酸が体に付着した場合、どうなると思っていましたか」

 証人「問題はないと思っていました」

 弁護人「もう少し正確に」

 被告「けがをすることはないと思っていました」

 《酪酸の危険性を認識していなかったと主張するベスーン被告。弁護人は質問を変え、ランチャーの照準性能が、どの程度正確なものだったかを尋ねていく》

 弁護人「第2昭南丸に使用する前に、ランチャーの性能を実験で試しましたか」

 被告「はい」

 弁護人「そのテストの正確性は?」

 被告「はい。正確性は高かったです」

 弁護人「狙いが外れて、酪酸瓶が人に当たる可能性は考えませんでしたか」

 被告「考えませんでした」

 弁護人「自分が発射した瓶で、乗組員に傷害が発生したと思っていますか」

 被告「そうは思いません」

 弁護人「酪酸瓶を撃つというのは、あなたのアイデアですか」

 被告「違います」

 弁護人「誰のアイデアですか」

 被告「SSのメンバーの人たちです」

 弁護人「なぜSSは、酪酸という物質を選んだのですか」

 被告「非常にくさいにおいを持っているので、まかれると作業が継続できなくなるからです。ただ、無害なので、体に入っても、オーガニックな成分なので、一切害はないと」

 弁護人「人間への危険性は?」

 被告「SS側の見解では、酪酸は人体に安全と考えています」

 弁護人「そういう理由で酪酸を選んだと聞いていると?」

 被告「そうです」

 《ここで弁護人は、酪酸の準備状況に質問の内容を移した。いくつかのやりとりを総合すると、ベスーン被告は「酪酸は自分に渡された時点で、すでに瓶づめされていた。自分は瓶づめを手伝っておらず、購入にも関与していない」と主張した》

 弁護人「あなたが初めて酪酸という名称を聞いたのはいつですか」

 被告「2009年の初めです」

 弁護人「どういう場面でしたか」

 被告「テレビ番組の『ホエール・ウォーズ』、鯨戦争という名前の番組で見ました。…あと、(先ほど話した)時期を訂正します。2009年の半ばでした」

 弁護人「テレビで酪酸の危険性は説明していましたか」

 被告「はい」

 弁護人「どのように?」

 被告「酪酸の酸性は、オレンジジュースと同程度。無毒性で、生分解性(自然に分解される性質)があると…」

 弁護人「実際に初めて酪酸を見たのはいつですか」

 被告「南極海にいたときです」

 弁護人「具体的には?」

 被告「2010年1月です」

 弁護人「SSに参加してからということですか」

 被告「そうです」

 《ベスーン被告は相変わらず、足を小刻みに動かしながら、淡々と答えていく》 =(3)に続く

【関連記事】
[特集:第2回公判]「燃えるような激しい痛み」失明の恐怖
[特集:第1回公判]発射「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS元船長公判 被告人質問で「酪酸問題ないと思っていた」 「ファシスト」叫ぶ傍聴人排除も
SS元船長 第3回公判 傷害罪の成否は? きょう被告人質問
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」 

民主代表選 菅氏、3日夕に出馬会見 対立候補探る動き(毎日新聞)
クールビズ閣議 批判の中「かりゆし」(毎日新聞)
団塊ジュニアを見送れば日本は再生不能 駒村康平・慶大教授 (産経新聞)
東尾修さん「親子のきずなのほうが強い」(産経新聞)
迷走に責任と官房長官、防衛相らは反省述べず(読売新聞)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-06-07 15:54