新型インフル特需で手指殺菌消毒剤市場4倍に―富士経済(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 02月 17日 懸賞

 新型インフルエンザ特需により、昨年の手指殺菌消毒剤市場の規模が前年の3.9倍の70億円に上ることが、民間調査会社の富士経済(本社=東京都中央区)の調べで分かった。同社では、新型インフルエンザの流行などによる消費者の衛生意識の高まりとともに、速乾性や水なしで使用できるといった手軽さが消費者に受け入れられたことが要因だとしている。

 一方、今年の市場規模は46億円と予想。新型インフルエンザが3月ごろをめどに流行のピークを越す見込みだとしながらも、消費者の消毒意識の高まりを指摘し、2008年の規模(18億円)には戻らないとの見解を示している。

 調査は昨年11-12月に実施。メーカーへのヒアリングを基に分析を行った。


【関連記事】
インフル定点4.26、2週連続で減少
入院・休校とも減少続く―インフルエンザ
「高齢者限定規定」から新型インフルを除外へ―予防接種法
急増するインフルエンザ脳症、8割以上が新型で発病―国立感染症研究所
接種と死亡、専門家は関連認めず―新型ワクチン

レアメタル権益獲得に政府が本腰 中国に対抗、政府出資も可能に(産経新聞)
手渡しによるおれおれ詐欺が増加 警視庁が緊急会議(産経新聞)
<竹島問題>米国の防衛義務生じず 政府、答弁書で(毎日新聞)
入学者ゼロで新年度?兵庫の法科大学院(読売新聞)
<性同一性障害>「思い尊重を」文科相(毎日新聞)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-02-17 17:58

<< <自民党>「予算案」に消費税上...   小沢幹事長の資産総額20億円、... >>