<iPS細胞>米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 03日 懸賞

 米ベンチャー企業アイピエリアンは28日、さまざまな細胞になるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に関する特許を英国で取得したと発表した。再生医療をめぐる主導権争いが激しくなりそうだ。

 英科学誌ネイチャーによると、各国の研究機関から75件以上の関連特許が出願されている。すでに認められたのは、山中伸弥・京都大教授の開発に基づく日本での特許のみ。無審査の南アフリカを除き、海外でiPS細胞関連の特許が成立したのは初めて。

 同社によると、今回の特許は、出生後のヒトの細胞に三つの遺伝子を導入して作ったiPS細胞。バイエル薬品(大阪市)が開発し、親会社が特許の権利をアイピエリアンの前身アイズミ・バイオに譲渡した。【須田桃子】

【関連ニュース】
神経細胞:皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国
ES細胞:がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見
iN細胞:iPS細胞を開発した山中伸弥・京都大教授の話
放医研:iPS細胞に変化の瞬間をキャッチ 世界初の成功
理系白書’10:挑戦のとき/20 アスビオファーマ副主任研究員・服部文幸さん

鳥取不審死 殺人容疑できょうにも再逮捕(産経新聞)
将棋 王将戦七番勝負第2局2日目 羽生が馬を作る(毎日新聞)
民主、自民、公明3党、29日に首相の施政方針演説(産経新聞)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
昨年の貿易黒字、36.1%増=2年ぶりプラス−財務省(時事通信)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-02-03 16:59

<< 「橋下党」今春にも結成…大阪府...   10年度の年金額は据え置き=厚... >>