ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 26日 懸賞

 ドロップシッピングと呼ばれる電子商取引をめぐり「確実に商品が売れる」などと不当な勧誘をされ高額な契約金を支払わされたとして、ネットショップを開設した7人が22日、サービス提供業者「オフィス・ピー」に40万〜62万円の返還を求める訴えを大阪地裁に起こした。原告側弁護団は昨年10月にも別の業者を相手に提訴している。訴状によると、原告らのネットショップは実際には売り上げがほとんどなかったり掲載したい商品が取り扱い停止になったりしたという。

【関連記事】
ドロップシッピング 「高額契約金」返還求めネット出店主ら提訴
ドロップシッピングで違法勧誘、初の集団提訴
ネット商取引「ドロップシッピング」出店者の被害続出
アフィリエイト広告 違法サイトの資金源に
違法サイトにアフィリエイト広告仲介 社長を書類送検

トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
<笠松競馬>最高2億円も 「五重勝単勝式」の勝馬投票券発売−−来月7日から(毎日新聞)
楓ちゃんの鎮魂曲が完成=女児誘拐殺害で地元住民−奈良(時事通信)
「他の愛好家にも…」と男児の裸写真公開 専門学校生を逮捕 (産経新聞)
「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-01-26 19:59

<< 平沼氏、保守勢力の結集にも意気...   5月までに日米合意=普天間移設... >>