B型肝炎訴訟、福岡でも国側が和解協議入り表明(読売新聞)

懸賞 2010年 05月 20日 懸賞

 乳幼児期の集団予防接種での注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族が国に損害賠償を求めているB型肝炎九州訴訟の進行協議が17日、福岡地裁(西井和徒裁判長)であった。

 国側は今年3月に出された和解勧告を受けて、和解協議入りを表明した。具体的な救済策は示さなかった。

 B型肝炎訴訟は全国10地裁で420人が審理中となっており、和解協議入りは14日の札幌地裁に次いで全国2例目。福岡地裁で審理中の九州訴訟には、全国最多の133人が提訴している。

 福岡地裁での和解に関する次回協議は7月12日に設定され、原告弁護団によると、国側はこの場で集団予防接種による感染者の認定基準などを示すとしたという。

在日米陸軍 司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
6月に緩和ケア市民フォーラム(医療介護CBニュース)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
<鉄道ファンの音>車掌の肉声や「鉄オタ クラシック」 相次いで発売(毎日新聞)
支援者ら肩落とす=「不当判決」と批判−機関紙配布事件(時事通信)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-05-20 02:57

<< 皇太子さま、スウェーデンへ(時...   国債発行44兆円以下に=11年... >>