ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる−外務副大臣(時事通信)

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

 福山哲郎外務副大臣は12日の記者会見で、政府開発援助(ODA)の事業効率を評価する同省の「ODA評価有識者会議」の座長を務める大学教授が、事業を受注する側である国際開発センターの理事を兼務していたことを明らかにした。受注側と事業評価の責任者が同一人物だった形で、不適切との批判も呼びそうだ。
 福山氏は「不正の事実はない」とする一方、「疑念を持たれても仕方なく、遺憾だ」との考えを表明。所管する国際協力局長ら5人を「厳重に注意した」という。
 外務省は3月末でODA評価有識者会議を事実上廃止。問題視された大学教授も座長を退いている。 

【関連ニュース】
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書
経済関係の強化で一致=ラオス大統領と会談
自民、審議復帰の方向=欠席戦術成果見込めず
「新しい公共」で意見交換=経済・労働界代表と
TICAD会合を5月開催=岡田外相

【風を読む】論説委員・松村雅之 理解しがたい異例会見(産経新聞)
「孤独死」問題で介護予防の体験学習―淑徳大(医療介護CBニュース)
「脱線事故忘れないで」=負傷者ら、駅でしおり配布−兵庫(時事通信)
久光製薬、通期4.2%の増収(医療介護CBニュース)
携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-04-13 12:53

<< 水俣病「救済措置」を閣議決定…...   <訃報>松谷浩一さん76歳=元... >>