運輸助役「うっかりした」 大阪市営地下鉄鶴見緑地線トラブル(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 23日 懸賞

 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線のポイント損傷による運行トラブルで、運転指令所にいた運転指令員3人のうち最も経験豊富な運輸助役(49)が「すべての指示を自分が出していた。電車の自動列車制御装置(ATC)解除時に何をすべきかは知っていたが、うっかりしていた」と市交通局の調査で話していることが17日、分かった。

 運転指令所は15日午前5時半ごろ、京橋駅出発後に原因不明の急ブレーキがかかった大正発門真南行き始発電車のATC解除を指示。最高速度を制限し運転再開させたが、運転規定で定められたポイント手前での停止指示やポイントの正確な切り替え、手動信号の発車合図などを行わず、鶴見緑地駅手前のポイント損傷と門真南駅での電車同士の“ニアミス”を引き起こした。

 当時、運転指令所にいたのは責任者の運輸助役と助役2人の計3人。運輸助役は、助役時代も含めると長堀鶴見緑地線の運転指令所では6年以上の勤務歴があり、運転士としての勤務経験もあった。交通局の調査に対し、助役2人は「経験豊富な運輸助役の指示に従っていた」と説明しているという。

【関連記事】
【古往今来】車内の親子にハラハラ
国の指導、翌朝まで大阪市長に伝わらず 長堀鶴見緑地線事故
サリン散布を想定 大手町駅、消防や東京メトロが訓練
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
モスクワ、テロ悲劇の現場
20年後、日本はありますか?

首相、朝鮮学校の無償化に前向き 「懸念は払拭していける」(産経新聞)
<車衝突>2人けが パトカー追跡 群馬(毎日新聞)
<国宝>伊能忠敬資料など2件 文化審議会が答申(毎日新聞)
「おもちゃドクター」全国で活躍中 安全に配慮、子供の夢つなぐ(産経新聞)
雑記帳 オリジナルTシャツで日本酒1杯無料 京都で(毎日新聞)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-03-23 14:31

<< <名鉄>列車にはねられ82歳男...   <火災>民家から出火 男性?1... >>