大村郵便局

懸賞 2010年 03月 02日 懸賞

大村郵便局(おおむらゆうびんきょく)は、長崎県大村市にある郵便局。民営化前の分類では集配普通郵便局であった。概要住所:〒856-8799 長崎県大村市森園町663-9長崎空港から連絡橋を挟んだすぐ対岸にあり、大村市の中心街からはやや距離がある。かつて長崎中央郵便局が担っていた長崎県内ほぼ全域(壱岐市、対馬市、松浦市福島町などを除く郵便番号の上2桁が85の地域)の地域区分業務を、森園町への新築移転とともに移管され、長崎県下の郵便網の中核を担う重要な局となった。併設施設郵便事業大村支店 - 郵便番号の上2桁が85の地域を受け持つ統括支店である。JPエクスプレス長崎統括支店長崎広域支店分室分室はなし。かつて存在した分室は以下の通り。久原分室 - 1990年(平成2年)に廃止。沿革1872年1月14日(明治4年12月5日) - 大村郵便取扱所として開設[1]。1873年(明治6年) - 大村郵便役所となる。1875年(明治8年)1月1日 - 大村郵便局(五等)となる。1881年(明治14年)10月18日 - 為替・貯金取扱を開始。1891年(明治24年)3月21日 - 大村郵便電信局となる。1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い大村郵便局となる。1956年(昭和31年)11月1日 - 久原分室において電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始[2]。1961年(昭和36年)3月 - 局舎新築落成。1987年(昭和62年)3月 - 局舎新築落成。1990年(平成2年)4月29日 - 久原分室を廃止[3]。1994年(平成6年)10月11日 - 大村市本町から、同市森園町へ局舎を新築、移転[4]。同時に長崎中央郵便局から地域区分業務を移管される。また同月17日に、竹松郵便局および松原郵便局より集配業務を移管。1996年(平成8年)7月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業大村支店へ一部業務を移管。取扱内容大村郵便局郵便、印紙、ゆうパック、内容証明貯金、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替・トラベラーズチェック、国債、投資信託生命保険、バイク自賠責保険ゆうちょ銀行ATM郵便事業大村支店郵便番号の上2桁が85の地域あての郵便物を配達支店ごとに区分する業務(

ピレリやアジップのデザイナー、ボブ・ノールダ死去(レスポンス)
石原知事、外国人参政権「危ない試み。発想おかしい」(産経新聞)
統合交渉が決裂=比率で溝埋まらず、白紙撤回−キリン・サントリー(時事通信)
郷土の偉人、学べない? 吉田松陰、米内光政…一部教員クレーム(産経新聞)
小1虐待の継父 強盗容疑で逮捕状 静岡県警(産経新聞)
[PR]

by 5icvrmwocb | 2010-03-02 11:25

<< <小林氏陣営違法献金>北教組が...   「今回は50年前より小さいが…... >>